無料ブログはココログ

« 宇宙戦隊キュウレンジャー Spase.1「宇宙一のスーパースター」 | トップページ | 仮面ライダーエグゼイド 第18話 「暴かれしtruth!」 »

2017年2月13日 (月)

キラキラ☆プリキュアアラモード 第2話 「小さな天才キュアカスタード!」

こんばんは。   
今日は、キラキラのプリキュアアラモードの感想です。    
今週は、クッキンアイドルが始動する回ですな。    
孤独だったヒマリと、イチカがスイーツ作りを通じて仲良くなるという話でしたが。    
セラムンの亜美さんが仲間になる話を思い起こさせるいい話でしたな。    
こういう、孤独な子が主人公の無意識の明るさに救われるという話はほんと好き。    
主人公は当たり前に接してるだけなのに、それが相手の子にとってはかけがえのないものになっている。    
主人公が助けようとするのではなく、あくまでも無意識のうちに助けてるって所がいいんだな。    
この人を引きつける無邪気な明るさこそが、女児向けアニメの主人公が持つ最も魅力的な部分だと思う。    
   
ヒマリもさすが元クッキンアイドルだけあってかわいかったですな。    
さすが黄色だけあって、だいぶやよいちゃんに似てましたな。    
臆病なところとか、得意分野になるとやたらテンション上がるところとか(笑)    
あのオタク気質はなかなか将来性を感じます。    
   
そんなアラモード。   
vlcsnap-00001    
カバンがしゃべって戦慄するイチカの顔から始まる今週のプリキュア。    
相変わらず表情豊かなお方です。    
vlcsnap-00004    
イ「うわー、かわいー!」    
   
カバンを開けると、いきなり家が完成。    
マホプリでは違うところに断ってたけど、こういう仕組みだったのか。    
あのポストに手紙を届けるには、住所はどのように書けばいいのだろうか。    
提供は、もうずっとこんな感じになるのかな?    
提供を削って最後の実写の時間にあててるんだろうからな。    
vlcsnap-00006    
ジャバ「ジャバジャバ」    
   
室内を物色していると電子レンジの中から、クモ爺のような妖精の残留思念が現れる。    
わけあって今は実態がないらしい。    
こういう年寄りの妖精って久しぶりだな。フレッシュ以来かな。    
vlcsnap-00011    
ジャ「スイーツには、人を元気に幸せにする力、キラキラルが満ちておる。そしてそしてプリキュアとは、キラキラルを操り世界を元気にする――」    
ペ「伝説のパティシエペコ!」    
   
ラパーパ様みたいなのがいますが、これも今後出てくるんだろうか。    
またすでに死んでいたとかだったりして。    
vlcsnap-00013    
ジャ「どうじゃば? わしらの力になってくれんもの――」    
イ「うん、いいよ!」    
シャ「えーーー! 決めるのはやっ!」    
   
某インキュベーターもびっくりの即決っぷり。    
ジャバさんのテンションいいなぁ。タマ仙人みたいだ。    
イチカはプリキュアになればスイーツ食べ放題だから迷う余地などない様子。    
なかなか打算に満ちていていいな。    
こんな感じで私利私欲でプリキュアになるって言った人って過去に誰かいたっけ。    
プリキュアになってから私利私欲で力を使おうとしていた人ならいたが。部屋の掃除とか…!    
vlcsnap-00016    
イ「キラキラキラル、キラキラル! チーズケーキよ、でなさーい!」    
   
しかしなにも起こらなかった。    
vlcsnap-00015    
ぺコ「自分で作らなきゃだめペコ」    
イチカ「だよねー」    
   
呪文が間違っているのだ。キュアップなんとかって唱えないと。    
vlcsnap-00018    
ペコの引いてる顔がいいな。    
vlcsnap-00020    
ところ変わっていきなり学校。    
緋弾のアリアみたいな制服ですな。    
vlcsnap-00021    
壮太!?    
vlcsnap-00023    
そうこうしているうちにバランス崩して本読んでいる人の所へダイブ。    
なんかすごく不自然なバランスの崩し方だったが気にしない(笑)    
vlcsnap-00028    
イ「ごめん、大丈夫!」    
黄「お気遣いなくー!」    
   
素早く退避する被害者。    
vlcsnap-00032    
黄「ありがとー!」    
   
素早く本を奪って走り去っていく被害者。    
一件運動能力無さそうで、凄まじいスピードの持ち主である。    
キュアカスタードは素早いって設定みたいだけど、なにげに普段からすばやい。    
vlcsnap-00033    
壮太「今の有栖川だろ? 同じクラスの」    
女子「そうそう、彼女いつも一人よね」    
   
不思議そうな顔をするイチカ。    
同じクラスってことは初対面って訳じゃないのか。    
vlcsnap-00034    
イ「あ、お母さんからだ」    
   
母はボランティアでやってるんだな。    
国境なき医師団もボランティア的活動だから、給料は一応出るけどそんなに高くないらしいしな。    
vlcsnap-00036    
イ「はぁぁぁぁぁぁぁドデカプリーン!」    
   
それと一緒に、ドデカプリンのチラシを見つけるイチカ。    
こっちの方がリアクションがはるかに大きくてちょっと面白かった。    
vlcsnap-00038    
しかしドデカプリン屋に行ってみると、ひまりに遭遇。    
いやな顔をされる(違    
vlcsnap-00040    
女児「すいませーん、プリン下さい♪」    
   
そして女児に買われてしまう。    
すでに買い手がいるんだから、店員注意しないと(オイ    
しかし結構高そうなスイーツなのに、幼稚園児が幼稚園帰り?に一人で買いに来るってのもすごいな(笑)    
vlcsnap-00041    
ブリンを食えなくて、落ち込むイチカ。    
vlcsnap-00044    
ペコ「プリン作ろペコ!」    
   
人目もはばからず叫ぶペコリン。    
逃げも隠れもしないスタイル。まあ、ココタマと違って見られても死なないからな。    
vlcsnap-00045    
イ「ひっ!」    
   
イチカの奇行に怯えるヒマリ。    
vlcsnap-00046    
プリン作ろうとテンションを上げるイチカに例の場所に案内されるヒマリ。    
ほんとまったく隠すつもりないんだな。なかなか新しい。    
vlcsnap-00048 
ヒ「スイーツのこと調べるの好きですから」    
   
ヒマリがいれば百人力と言われて照れるヒマリ。    
それにしても怯えた声の出し方とか、心情の機微をしっかりと声で表現できていて、ほんとうまくなったなぁ。    
しつこいようだけど、なんか声聞くたんびに感心してしまう。    
vlcsnap-00051    
ジャ「始まったジャバ」    
   
物陰から見ている二人。    
ペコリンの渋い顔見てるだけで笑ってしまう。    
良い意味でしけ顔とでもいったらいいんだろうか。脱力したような目つきがツボで仕方がない。    
こんなに見ていて飽きない妖精は初めてだ(笑)    
vlcsnap-00094    
イ「ようし、これくらいかなぁ」    
   
適当な分量で作り出すイチカ。    
先週はちゃんと分量守ってたのに。先週より適当になってるんだが(笑)    
vlcsnap-00095    
イ「あれー!固まっちゃった!」    
   
案の定失敗。    
しかしイチカはなにも言い出すことができない。    
vlcsnap-00097    
何度やっても失敗。    
vlcsnap-00098    
ヒ「砂糖が結晶化してるんです!」    
   
耐えきれなくなるヒマリ。    
vlcsnap-00101    
ヒ「じゃ、解説しますね!」    
   
突然目を光らせて解説を始めるヒマリ。    
vlcsnap-00103    
ヒ「そもそもプリンの由来をご存じですか? プリンは英語のプディングのなまったもので、蒸し物という意味です――」    
   
得意分野になると饒舌になるヒマリ。    
さすが四年間クッキンアイドルやってただけあって詳しいな。    
ミサンガも喜んでるはずだ。    
vlcsnap-00170    
イ「なんだか、大変なんだね、プリンって」    

 

プリン豆知識をまくし立てているうちにすっかり夕方。   
さすがにヒマリもどん引きしてます。何時間話してたんだ。    
vlcsnap-00171    
ヒ「はっ!」    
   
このヒマリ、幼い頃のやよいちゃんみたいだ。    
vlcsnap-00175    
ヒ「プリンは砂糖とみずにタマゴと牛乳、あとはバニラだけで作れるけど、その配分だすっごく大事なんだって――」    
男「その話、いるか?」    
   
かつては友達もたくさんいたのに、話に他の人達がついて行けず、どんどん孤独になっていった様子。    
勝木さんみたいだな。    
vlcsnap-00176    
男子「それより昨日のテレビ見た?」    
女子「見た見たらんこちゃん歌うまかった」    
   
らんこちゃん!? あの人知らんうちにそんな有名に…!   
らんこさんが出るってことは、笑点かなんかか?(違   
vlcsnap-00177    
ヒ「また、やっちゃった」    
   
先週に引き続き重い。。。    
vlcsnap-00180    
スイーツノートなる全十巻の本。    
vlcsnap-00182    
市販版かと思ったらヒマリの自筆のノートだった。    
装丁まで作り込むとは、気合いが入っている。    
vlcsnap-00187    
翌日になっても世界は灰色のまま。    
ようやくできそうだった友達にどん引きされて、半端なく落ち込んでいる。    
vlcsnap-00184    
イ「字ばっかりでよくわからないよー」    
ヒ「その本!」    
   
落ち込みながらももう一度例の場所に行ってみると、イチカがいまりの愛読書であるスイーツの科学を呼んでいてテンションが上がる。    
vlcsnap-00192    
それで一緒に作り始める二人。    
vlcsnap-00189    
ほんとに字ばっかりなんだな(笑)    
しかもちゃんと文章書いてあるところが気合い入っている。    
vlcsnap-00193    
イ「キラキラキラル、キラキラル。おいしくなーれ」    
ヒ「なんですか、それ」    
   
非科学的なことを始めるイチカ。    
vlcsnap-00196    
イ「い、いくよ」    
ヒ「ゆっくり入れて下さい」    
vlcsnap-00195    
ようやく綺麗なのが完成。    
vlcsnap-00198    
ヒ「プディングは科学です。ちゃんと分量を量って正しく作れば失敗しない。だから好き。でも、友達の気持ちは私には測れません。私は、大好きなプリンのこと聞いてもらいたかっただけなのに――」    
vlcsnap-00205    
イ「うん、わかるよ。有栖川さんほんとにスイーツが大好きなんだなーって!」    
   
声を上げずに泣くところよかったな。。。    
vlcsnap-00209    
それで二人で巨大なプリンを作成。    
全部食べられるのだろうか。    
vlcsnap-00210    
それで有栖川さんはリスっぽいのでリスのデコしたプリンをプレゼント。    
vlcsnap-00212    
イ「有栖川さんはリス嫌い?」    
ヒ「好きですよ♪」    
   
和む。。。    
vlcsnap-00214    
そうこうしているうちに、ようやく敵が出てくる。    
今週はガミーさんじゃないんだな。    
名前はプルプルさんって言うらしい。名乗らなかったけどかろうじてEDで名前が出ていた。   
タマタマだのプルプルだの、まったく今週のニチアサは…(ナンダヨ   
vlcsnap-00217   
この人はプリンが好物のようで、プリンからキラキラルを奪い取り、   
vlcsnap-00215   
レベル2に。   
先週はケーキが好物の化け物で今回がプリンの化け物ってことは、プリキュアそれぞれにライバル幹部がいるってことかな。   
なんか汎用性が無さそうな敵だし、もしかしてケーキ→プリン→ジェラート→マカロン→チョコ→ケーキって感じで、五つの題材をローテーションしていくんだろうか。   
vlcsnap-2017-02-13-13h08m07s118    
ぺ「きえかけてるぺこー!」    
ジャ「あー、外へ出ると消えてしまうんじゃったー!」    
   
うかつに外に出て消滅しかけるジャバさん。    
ジャバさんは外に出ると消えてしまう様子。    
今年の妖精は身体張って笑いをとりに来ているな。    
vlcsnap-2017-02-13-13h11m48s405    
そしてイチカ達が作った巨大プリンのキルラキルを手に入れてレベル3に。   
進化早いなぁ。やっぱり二段階でいいような気がするんだが(笑)    
vlcsnap-2017-02-13-13h15m21s271    
イ「この紋所が目に(ry   
   
二人を作ったケーキを守りたいと 、イチカはヒマリの前なのにまったく躊躇無く変身。   
vlcsnap-00218   
ヒ「変身した~!」   
   
隠さなくっていいんだな。   
まあ、クルクルパーにされるわけでもないしな。   
vlcsnap-00220   
そして脚にクリームを巻き付けてスーパーイナズマキック。   
vlcsnap-00222   
うむ。   
肉弾戦封印しているだけあって、見事なスイーツ対決だ(ドコガ   
vlcsnap-00223   
ホ「ぬけない!」   
   
しかし全身を脂肪に包まれ拳法殺しの異名をもつプルプルさんには、物理攻撃は通用しない。   
vlcsnap-00225   
ぷ「邪魔するな!」   
   
地面に叩き付けられるホイップ。プルプルさんつええ。   
vlcsnap-00227   
ヒ「待って…待って…待って…!」   
   
このひまりの、待って待ってって所、真に迫っていてすごくよかったな。   
ほんとうまい。   
vlcsnap-00234   
ヒ「せっかくできた友達を、なくしたくないんです!」   
   
プリンから光があふれ出して、ついにクッキンアイドルに。   
vlcsnap-00237   
ヒ「知性と勇気を、レッツラマゼマゼ!」   
   
イントロ部分が先週とちょっと違ってましたね。   
vlcsnap-00238   
プリンと共に変身するプリキュア。   
vlcsnap-00239   
振り返るところが格好良い。   
vlcsnap-00245   
カ「キュアカスタード」   
vlcsnap-00246   
カ「できあがり!」   
   
ホイップもそうだったけど、動物のボーズをとってから決めポーズに入るところが熱い。   
vlcsnap-00247   
カ「わたし…!」   
   
身体以上に巨大な尻尾がいいな。   
これでタヌキマリオの如くスピンを加えて相手の顔面を強打してほしい。   
vlcsnap-00248   
そしてキャラソンと共にプルプルさんと対峙!   
ロマサガのボス戦みたいな構図が熱い。   
vlcsnap-00250   
カ「な、なんですかこれ、速い!」   
   
超スピードでプルプルさんの攻撃を回避。   
vlcsnap-00251   
イ「ねえ、さっきの言葉」   
ヒ「あっ、ごめんなさい、私勝手に友達だなんて」   
   
転けるカスタードをダイレクトにキャッチするホイップ。   
vlcsnap-00254   
イ「友達じゃん!」   
ヒ「はい!」   
   
ヒマリの救われてる感じがいいのう。   
vlcsnap-00255   
リスみたいなボーズで走り回りプルプルさんを翻弄するカスタード。   
vlcsnap-00262   
ホイップとともにプルプルさんを縛り付け、   
vlcsnap-00265   
レベル1にエナジードレイン。   
相変わらず必殺技がないな。   
必殺バンクでトドメってのが身体に染みついているので、どうも締まらんのう。   
慣れれば大丈夫になってくるだろうか。慣れた頃に必殺バンクがでてきそうな気もするけど。   
あと今週は戦闘中に料理がなかったですな。   
クックルンみたいに料理作って倒すって感じなのかと思ってたら、そうでもないんだな。   
肉弾戦封印のはずが普通に蹴りも入れてたし、この作品はまだまだ謎に満ちている。   
vlcsnap-00267   
それで町にキラキラルが降り注ぎ、食卓に明かりが灯る。   
vlcsnap-00268   
復活したプリンを食する二人。   
vlcsnap-00269   
二人「うーん、おいしー♪」   
   
仲良く味わったところで終了!   
和む終わり方だった。プリンは全部食べきれるのだろうか。   
   
それで次回。   
vlcsnap-00277   
次はジェラートさんこと立神アオイさんの番。   
vlcsnap-00273   
この人が誰なのか地味に気になりますが。   
立神さんと同じように八重歯生えてるし、姉とかだったりするんだろうか。   
この人に憧れてロック始めたとか。   
vlcsnap-00279   
青なのに熱血というこれまでにないキャラ付けがどんな感じになるか楽しみである。   
vlcsnap-00280   
実写パートを隔てて、エンドカードは実写で作った、りすプリン。   
なんか、かわいいな。   
ネタエンドカードがなくなってしまったのは残念ですが、まあこれも妥当な使い方ではあると思う。   

« 宇宙戦隊キュウレンジャー Spase.1「宇宙一のスーパースター」 | トップページ | 仮面ライダーエグゼイド 第18話 「暴かれしtruth!」 »

キラキラ☆プリキュアアラモード」カテゴリの記事

コメント

やはりプルプルにハート様ネタをかけてきましたね。様々なところであのシーンはハート様を彷彿とさせるというコメントが出ています(笑)
ひまりは黙っていると小学生ぐらいにしか見えないほど小柄ですよね。それがまた可愛いですが。
好きなことを話すと止まらなくなり、周囲から浮いて嫌われる過去は私も幾度も経験していますので、ひまりにすごく共感できました。はじめての友達ってことは、やっぱりこれまで友達がひとりもいなかったのか……いちかという友達ができてよかったねえ~!
キュアカスタードに変身したひまりちゃんですが、唯一の腋見せ要員とリスの尻尾がドーナツみたいにふわふわで柔らかそうなので、内心「噛んでみたい」と思ってしまいました(汗)
キラプリは今のところキャラが魅力的なので毎回楽しみです!
次回はいよいよあおいの登場ですね。ロックとスイーツがどう絡むのか日曜日が楽しみです!

プルプルさん、あれはどう見てもハート様ですよね(笑)
ひまり、ちっちゃくてかわいいですね。亜久里達と並んだら同じ小学生に見えそうですね。
好きなことでテンション上がって周りが見えなくなるのは、オタクなら誰もが通る道ですね(笑)私もありますねえ。
わくわくしながら話す幼いひまりと、周りとの温度差がさびしかったです。いちかに友達と言われたときのうれしそうな顔が印象的でした。
そういえばカスタードは唯一の脇見せ要員ですね。今年はヘソ出し要員がいないから、貴重ですね!(笑)
あの巨大な尻尾いいですよね。私はあの抱き枕が欲しいとか思ってしまいました。
キラプリは序盤からキャラの心理描写が深くていい感じですね。
あおいはキャラ設定見たときからずっと気になってました。来週が楽しみですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2448159/69576833

この記事へのトラックバック一覧です: キラキラ☆プリキュアアラモード 第2話 「小さな天才キュアカスタード!」:

» キラキラ☆プリキュアアラモード #2 [日々の記録]
新たなプリキュア、キュアまいん・・・じゃなくて^^;キュアカスタードが誕生するお話でした。 前回の終わりに、突然いちかの前に現れた謎の鞄。それは持ち運び可能な、魔法のスイーツ工房・キラキラパティスリーでした。お店に姿を変えたパティスリーの中は、スイーツを作るのに必要な道具が全てそろっていました。そこには、ペコリンと同じ妖精の長老がいました。長老はパティスリーから出ると、体が透明になって...... [続きを読む]

» キラキラ☆プリキュアアラモード 第2話 小さな天才キュアカスタード! [四十路男の失敗日記]
何だか今期は、展開が急だなぁと思いつつ。 先週出現したカバン状玩具(?)がムクムクと膨らんで、なんとスイーツショップに! …こんなところに勝手に建てていいのか、というこまけぇこたぁ(ry まあ、某MAHO堂みたいなもんかな(絵柄も)。 中には、ペコリンの世界の...... [続きを読む]

» キラキラ☆プリキュアアラモード 第2話「小さな天才キュアカスタード!」 [のらりんすけっち]
プリアラの黄色枠、有栖川ひまりちゃん本格登場。 性格はスマプリやよいちゃんに近いかな。 好きなスイーツはプリン、黄色スイーツの定番中の定番ですね(^^) いちか&ひまり、ふたりでスイーツ作り! リスプリン可愛かった♪ 1分間クッキングもこれでした。 プリアラはとにかく可愛さを全面に押し出してますね~(^^) スイーツ大好きも、コアになりすぎて浮いちゃってたひまりち...... [続きを読む]

» キラキラ☆プリキュアアラモード テレ朝(2/12)#02 [ぬる~くまったりと]
第2話 小さな天才キュアカスタード! いちかの目の前に現れた喋るかばん。移動可能なパティスリー工房らしい。中はスイーツ作りの機材や食器が揃っていた。長老から伝説のパティシェ、プリキュアになってと頼まれて即決。色んなスイーツを出せて食べられると思っていたが、それは無理。 帰ると母から手紙が届いていた。どでかプリンのチラシを見てお店に買いに行くと、クラスメートの 有栖川ひまりと出会う。彼女とは学校でぶつかった、いつもスイーツの科学の本を持つ 1人で居ることの多い少女だった。どでかプリンが買えなかったが自... [続きを読む]

» キラキラ☆プリキュアアラモード 第2話「小さな天才キュアカスタード!」 [ひびレビ]
キラキラ☆プリキュアアラモード 第2話「小さな天才キュアカスタード!」  ペコリンが喋るバッグを開けようとすると、バッグはスイーツ工房に変身。そこにはペコリンたちの長老の姿もあった。プリキュアとはキラキラルを使い世界を笑顔にする存在。プリキュアが伝説のパ...... [続きを読む]

« 宇宙戦隊キュウレンジャー Spase.1「宇宙一のスーパースター」 | トップページ | 仮面ライダーエグゼイド 第18話 「暴かれしtruth!」 »